バイオ

バイオについて

これから必要なバイオ

バイオテクノロジー

皆さんはバイオテクノロジーという言葉を聞いたことはあるでしょうか。この言葉は、生物学を意味するバイオロジーと、技術を意味するテクノロジーを組み合わせた合成語になります。

これは、生物が持っている様々な働きをうまく利用することによって、人間の生活であったり、環境の保全のために役立てようという技術です。ものすごく身近な例で言ってみると、みそや酒、しょうゆ、納豆、チーズやヨーグルトといった食品や、抗生物質のような医薬品は、全てバイオテクノロジーを応用することによって作られた製品です。

味噌やしょうゆなどに使われる発酵あったり、品種改良などをはじめとして、豆などに用いられている遺伝子組み換えやクローンなどの先端技術に至るまで、実に様々な技術があります。このバイオテクノロジーという言葉の始まりは、1972年に細胞融合技術、1973年に遺伝子組み換えが開発されたことを受け、色々な産業の発展の可能性があることを期待されたことからきています。

このバイオテクノロジーは、オールドバイオ、ニューバイオといった二つに大きく分類することが出来ます。まず、オールドバイオについてですが、発酵や醸造などといった、カビや酵母、細菌などといった微生物の働きを利用している技術になります。これらを使って作られているものとしては、味噌やしょうゆ、納豆やチーズなどであったり、アルコール、クエン酸、アミノ酸や抗生物質などになります。そして、ニューバイオについてですが、これは主に遺伝子組み換えの技術になります。

目的となる遺伝子を、農作物などに導入することによって、その性質を改良したりすることが目的になります。例えば、とうもろこしや大豆、イネの改良であったり、新品種を作り出したりします。他には、食品添加物や、医薬品原材料の生産にもこの技術が使われています。その他には、遺伝子情報の解析などにも技術は応用されています。中間の技術として、クローン技術がありますが、これはまだまだ完全な実用化には至っていない感じです。このサイトでは、このようなバイオテクノロジーについて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

Copyright (C) バイオの力 All Rights Reserved  プライバシーポリシー | お問合わせ